シミ取り クリーム

旭研 業務用ハイドロキノンの口コミ!効果や使い方は?

旭研 業務用ハイドロキノン

旭研の業務用ハイドロキノン。
‘業務用’というところがものすごく効きそうなイメージがありませんか??
以前から気にはなっていて効果や使い方が気になっていました。

 

本屋さんに行ったらハイドロキノンの本?を見つけました。
ムック本で旭研の業務用ハイドロキノンが付録(というかこちらが本体?)としてついている本でした。

 

まさか本屋さんでハイドロキノンに出会うとは、と驚きながら
最後の一つだったので早速購入して帰ってきました。

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンのムック本

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

近年雑誌の付録がすごく豪華ですよね。それと比例するようにもっと豪華な付録がつくというか
そちらが本体で冊子が付録のような状態のムック本もすごく増えています。

 

バッグやポーチ、小物や文具などの付録やムック本が多いですが、最近では化粧品のムック本も増えてきています。
(雑誌に付録として化粧品がつくこともとても増えましたよね)

 

とはいえ、一応「本」というカテゴリであろうこれらの商品は
ついてくる化粧品もサンプルだったり小さめのことが多いのですが、今回購入した旭研の業務用ハイドロキノンは
思ったよりも大き目のサイズでちょっと驚きました。

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

サイズは10gです。

 

普通の美容液と同じくらいの大きさ。これで効果があるのならかなりお買い得なのでは・・買い占めた方がいいのでは・・・
と期待を膨らませつつ使ってみました。

 

 

ここでハイドロキノンについて簡単におさらいです。

 

ハイドロキノンについて

 

ハイドロキノンは美白成分として化粧品に使われている成分で近年とても人気があります。
元々シミの薬として病院で使われていて今現在も使用されています。
数年前までは処方箋なしで手に入れることは不可能でしたが認可され化粧品への配合が可能になりました。

 

とは言え、劣化しやすかったり肌への刺激が強い、使用後は紫外線は避けた方がいいなど使いにくい部分もあるため
どんなハイドロキノン配合化粧品を選ぶかということ、また自分で肌の調子を見ながら使うことが大切になります。

 

最近では海外のハイドロキノンクリームを個人輸入で使う人もいますが、トラブルもあるので注意してくださいね。

 

医薬部外品としての美白成分としては認可されていません。

 

 

 

 

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンの口コミ

 

業務用ハイドロキノンの本(というかパッケージ)を開けるとドーンと出てきます。
中の業務用ハイドロキノンはこちら。上でもちょこっと触れましたがサンプルではなく普通の美容液サイズで驚きます。

 

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

旭研 GN美容液
10g MADE IN JAPAN

 

 

本についてくるサイズの化粧品(美容液)としてはかなり大きい!と言いましたが、
実はパッケージを開けると中の瓶はちょっと小さめです笑

 

とは言っても、原液タイプの美容液のサイズと言えばいいでしょうか、
そのくらいのサイズ&瓶の感じです。

 

瓶の上の部分には「旭研究所グレード」と書かれています。
なんだかすごく効きそうです!

 

 

スポイトタイプではなく、瓶を傾けて中の美容液を出すタイプです。
ちゃんと設計されているのかドバっとは出ずに少量が出るので量の調整はしやすいです。
ハイドロキノンですので少量の使用でいいのであまり出しすぎないように注意しながら使います。

 

 

中の液体は少し茶色かかっています。
ハイドロキノン配合の化粧品だとこの色をしているものもあります。

 

ただ茶色だと劣化していると書いているサイトなどもあるので正直よくわからないのですが、
この美容液は開けたときからこの色なのでこれでいいんだと思います。
それに一緒についている冊子に「旭研究所のハイドロキノンは最初から茶色く着色してあります。そのままご使用いただいて問題ありません」とありました。

 

(以前、他の商品ですが確実に劣化しているものはニオイが変わって色ももっと汚くなっていました。)

 

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

 

1滴、2滴を肌の気になる箇所に塗ります。
ハイドロキノンというと効果があるけど刺激が強い!というイメージがありますが、つけてピリピリすることはありません。
付けたところがしっとりする感じがあってちょっと驚きました。

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

ビタミンC原液美容液のように乾燥したりつっぱる感じも全くなく逆に驚きました笑

 

使い心地としては普通の美容液のようですし何のトラブルもなく使えて「とてもいい」です。
浸透も早すぎず遅すぎず。普通の美容液と特に変わった感じはありません。

 

 

では、旭研の業務用ハイドロキノンの使い方を紹介したいと思います。

 

 

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンの使い方

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

パッケージにしっかりと使い方が書かれています。
化粧品はしっかりと使い方を確認せずに使うことも少なくないのですが、
ハイドロキノンに関しては逆にシミになったりしてはいけないのでちゃんと確認しています。

 

特にこのハイドロキノンは業務用ということですので・・普通のハイドロキノンともちょっと違うかも?
ということでちゃんと調べて使うようにしていますよ。

 

旭研 業務用ハイドロキノンの使用方法

 

洗顔後、気になる部分に塗布してください。
その後、いつも通りのお手入れをしてください。
1.2滴のごくわずかな量で充分です。
塗布後、紫外線に当たらないように夜ご使用いただくのがお勧めです。

 

 

やはり紫外線には当たらないように使うのが大切のようです。
夜にだけ使ってみました。

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

私個人の使い方としては、
洗顔後一番最初に手のひらに1、2滴を出して指先で気になる所に塗ります。

 

少し置いてから化粧水などいつものスキンケアを行います。

 

効果がイマイチかも?と思ってからはスキンケアのあとにももう一度少量を同じ場所に重ねて使ったりもしました。

 

 

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンのメリットとデメリット

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

旭研の業務用ハイドロキノンを実際に使って感じたメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンのメリット

 

日本製で安心して使える

 

旭研の業務用ハイドロキノンは日本製です。しっかり「MADE in JAPAN」と書かれています。
肌に使うものなので日本製は安心して使えますね。
特に強い成分であるハイドロキノンなので・・日本製は安心です。

 

 

低刺激で使い心地がいい

 

上でも何度も触れていますが、旭研の業務用ハイドロキノン、刺激がありません。
乾燥しないし肌荒れしない、トラブルなく使えるいい化粧品だと思います。

 

ハイドロキノンなど刺激強めの成分の化粧品はやっぱり国内メーカーさんや
日本人の肌に合わせて設計された化粧品の方が安心できます。

 

 

 

液体タイプである

 

当サイトは‘クリーム’を紹介しているのですが、旭研の業務用ハイドロキノンは液体です。
美容液という感じの液体です。液体なので量の調整がしやすかったり重ね付けできたりとメリットがある一方
逆にデメリットもありますので、そちらはデメリットの項目で・・

 

(メリット・デメリット両方とも大きなものというよりは使い心地の好みという部分が大きいです)

 

 

少量でいいためコスパがいい

 

旭研の業務用ハイドロキノン、パッケージの使用方法の所にも書かれているのですが、
1、2滴の少量の使用でいいんです。
なので結構長く持ちます。コスパがいいですね。

 

 

 

旭研 業務用ハイドロキノンのデメリット

 

ムック本のため入手が困難?

 

今回私が購入したのはムック本?の付録?としてついているバージョンでした。
店頭でも最後の一つだったので・・もしかしたら同じものは入手が難しいのかも?と思いました。

 

本でなければ旭研の業務用ハイドロキノンは販売があるようなのでそちらを購入するという手もあります。
なので特にデメリットではないかもしれませんね笑

 

 

部分的なシミには使いにくいかも

 

化粧品の形状的に部分的なシミだけに使うというのは
慣れるまでちょっと使いにくさを感じるかもしれません。

 

 

効果はちょっと物足りないかも

 

個人の肌質によるので一概には言えないのですが、
私個人としてはもうちょっと効果があるといいなと感じました。

 

 

 

液体タイプである

 

液体タイプである、というのはメリットの方にも出したのですが・・
液体のメリットもあればデメリットもあるということでこちらにも。

 

液体なので広い部分には塗りやすいのですが、部分的に集中的に使うには何度も重ねるなどちょっと工夫が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

旭研 業務用ハイドロキノン、使ってどうだったのか?

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

ムック本の付録ということで最初はあまり期待していなかったのですが、
‘業務用’ハイドロキノン、しかも日本製ということで一気に期待しながら使いました。

 

口コミの所でも書きましたが、本当にハイドロキノン!?と思うほど使い心地が良く
刺激も何もなく安心して使えたのがとても良かったと思います。

 

ただ、効果面でみると私のシミにはちょっと物足りなさを感じたのが正直な所です。

 

それでもですね、もっと効果がよくわからないハイドロキノン配合化粧品もありましたし
効果があるかと思いきや肌荒れ起こして逆にシミが濃くなった海外のハイドロキノンクリームなどもあったので
特にトラブルなく使えて刺激もなく非常に使いやすいこと、日本製で安心して使えることなど
総合的に見るといいハイドロキノン化粧品と言えるのではないかなと思います。

 

 

今までシミに対してはクリームタイプの商品を使っていたのですが、
旭研業務用ハイドロキノンは液体の美容液らしい形状だったため使い慣れていないという部分も大きいかと思います。

 

液体なので部分的だけでなくちょっと広めの部分にも使いやすいですし
工夫すると色々な使い方ができると思うので今後は色々な使い方を試してみようかなと思っています。

 

 

即効性はないかなと思いましたが総合的に見ると使い心地だけでなく効果面でも悪くないと思います。

 

 

 

まとめ

 

旭研 業務用ハイドロキノン

 

本についてきた、業務用のハイドロキノンということで他の化粧品とは一線を画すと思われる美容液。
期待しなかったり期待したり、自分のテンションも変わりながら使ってみました。

 

今までハイドロキノン配合の化粧品はクリームが多かったのでこういった原液っぽい美容液は新鮮でした。

 

上で何度も書いてきましたが、やはり刺激なく使えたこと、安心して使えるという部分はとてもいいですね。
効果がある化粧品が多いためどうしても意識がそちらに向きがちではあるのですが、
化粧品はトラブルが起きたりと怖い部分もないわけではありません。

 

なので‘安心して使える’という点はとてもいいと思いました。

 

また、本屋さんで出会ったというのもユニークで良かったと思います^^
意外なところに意外な出会いがあってよかったです。

 

 

管理人イチオシのシミ取りクリームも紹介中です!

シミ取りクリームランキングトップへ